ウマ娘 キャンサー杯 グレードリーグまとめ

 

みなさんうまぴょいしてますか。

書くのすっかり忘れてたチャンピオンズミーティング キャンサー杯についてのまとめです。

 

編成について

今回は安田記念ベース(でも季節は夏)の東京1600mのマイルです。
セイウンスカイがトップメタと当初から話題になっていました。
しかしセイウンスカイを所持していないので逃げメタから構成を考えることにしました。

というわけでいつの間にか有名になってた逃げ蓋と差しを軸に編成することにしました。
基本的には逃げ蓋役でセイウンスカイやスマートファルコンを抑え、差し役に全抜きしてもらう作戦です。

逃げ蓋役としては手持ちからスマートファルコンとサクラバクシンオーがいました。
地固めの発動トリガーとしてはファルコの方が優勢ですが、バクシンは序盤で蓋ができなかった際に中盤に固有で抜き返すリカバリーが強いのでサクラバクシンオーをチョイス。

差し役としてはいくつか候補がありましたが、ステータス補正、覚醒金スキル、かわいいの3点からグラスワンダーを選択しました。
育成においてはやる気下げイベントが多いので育成に苦労しました。

3枠目についてはグラスの金スキル発動の邪魔をしないようにするため、先行を加えました。
一見覚醒金スキルを所持しているタイキシャトルが強そうですが、今回のレース場では最終コーナーがスパートエリアではないので固有が潰れてしまうことから
エルコンドルパサーをチョイスしました。この枠はオグリキャップもかなり強いと思いました。

が、実際にこの3人で回してみるとグラス軸、サブがエルのつもりが、エル軸のサブがグラスという展開になりました。
それでは個別に見ていきます。

各ウマ娘について

逃げ

サクラバクシンオー
逃げ蓋役です。

・育成方針
セイウンスカイをはじめとする強力な逃げキャラのスキル発動を抑えるため、
序盤~中盤に先頭をとるステータス、スキル構成にしています。
スピードやスタミナはスパート時に影響を受ける部分であり、
終盤には落ちてもらうため、この2つのステータスには一切手を加える必要がないです。

序盤は緑スキル・集中力を起点とした地固めから初速を確保し、
中盤は逃げコーナー、弧線のプロフェッサー、固有スキルでキープ、1位抜き返しを狙います。

固有がレベル3なので作り直そうかと何度か追加トライしましたが残念ながら叶わず。
しかし高い賢さのおかげでスキルの発動率は良好でほぼ全てのレースで蓋役として正常に機能しました。

 

グラスワンダー

差しワンチャン型です。

育成開始当初は回復スキルにゴールドシチーの慧眼にしていました。
しかし、パワー練習で割とスタミナを確保できたので編成をがらりと変えました。

重要なスキルが金スキルの「乗り換え上手」と「豪脚」で、特に豪脚が発動するかに割と命運がかかっています。
育成ではかなり賢さを盛れたものの、上記2つの発動条件が今回では6~9位でなおかつ発動地点もムラがあるので結構な運ゲーを強いられました。

ですが上記条件を満たした際のロケットブースターのような加速はすさまじく、後述の先行エルが勝てないときのサポートとしてうまく走ってくれました。

改善したかった点としては意外と差し同士の争いで8,9位を位置しているとステータスがこちらより劣っているグラスにも負けることが多いので、
コーナースキルを入れてで7位あたりのキープ率をあげればよかったのかなと思いました。

 

エルコンドルパサー

サブのつもりが今回のメインになりました。

エルの固有で何よりも大事なのが固有の発動条件である最終直線で1~2位を確保することです。
この内、固有発動時にはまだバクシンオーが1位をキープしているため、
以下に最速発動地点までに2位確保できるかが今回の育成におけるポイントとなっていました。

・育成方針について
まずステータス面としてはバクシンと同じく賢さをできるだけ盛って先行のトップ位置の確保をしつつ、スキル発動率の向上を狙います。

次にスキルで必須なのが先行のコツ、先行コーナー、マイルコーナー、弧線のプロフェッサーです。
先行のコツは賢さをさらに高める効果があります。
そして各種コーナースキルでは中盤における先行同士の争いと、逃げ蓋によって沈みかけの逃げを抜くための重要な役割となっています。

スパートスキルは固有だけあればあとは勝手に逃げ切ってくれるのでとにかく中盤のスキルを重視しました。
コーナースキルを積んでいる方はそう多くはなかったのでほとんどのレースで先行争い制することができました。

なお、先行といえば賢さSSRのファインモーションのスピードスターがありますが発動地点から最速固有発動地点までの距離があまりにも短く、
その間で前を抜いて固有発動という状況が稀なのでその前のスキルを充実させたほうが圧倒的に強いです。

・スタミナについて
なお、配信でよくスタミナが足りないのではという質問をよく受けましたが、
この構成でキャンサー杯のR1,R2の40レースでスタミナ切れを確認できたのは3回のみでした。
また、スタミナ切れが確認できたのは本当に一番最後なので固有で大差を付けた状況であれば、
スタミナが切れても問題ないので不足したことで困った場面は1度もありませんでした。

ルムマでもかなりのレースで確認をしましたがスタミナが原因で負けることは無かったです。
また、固有発動には残り体力30%以上が必要という条件がありますがこちらも特に問題はありません。

・使ってみた感想など
このエルで勝てない状況としては別の逃げ蓋や賢さSS中盤コーナーを固めた逃げの影響で、
2位を確保できないことや各種コーナースキルに加えて「アガってきた」を搭載しているさらにやばいエルが相手にいるときでした。
前者の場合はグラスで差しお祈りになりますが、後者の場合はまずエルにやられました。

また、なぜかあまり話題にならなかったのですが、今回のエルでは実装したばかりのSRメジロアルダンを使用しています。
トレ効果はあまり期待できないものの、「好意追走」「先行コーナー」「左回り」「先行のコツ」と、
今回のエルの適正に完全にマッチしたヒントをくれます。

実は編成もSSRはキタサンブラック1枚のみで他はレンタル含めて全てSRでした。

 

結果

ラウンド1 34勝6敗
ラウンド2 32勝8敗
決勝 2位

 

まとめ

ラウンド1、2ともに高い勝率でしたが、決勝では差しグラスに理想的な展開でもっていかれてしまいました。
残念でしたが次回また頑張りたいですね。

-日記

現在ふぃすがTwitchにて配信中!!
現在はオフライン

Copyright© ふぃすの小部屋 , 2021 All Rights Reserved.